認定こども園 元江別わかば幼稚園 > 園の生い立ち

園の生い立ち

認定こども園 元江別わかば幼稚園の生い立ち

1965年(昭和40)当時は、江別市に幼稚園は3園しかなく、全て私立の幼稚園でした。元江別地区(現在は元町と元江別になっております。)の父母の要望に応えるために、1965年(昭和40年4月)富田充次郎先生が個人立の幼稚園として、現在の元町に開園し、以来約4,045名の子どもたちが巣立って行きました。

沿革

1965年(昭和40年) 4月 元江別わかば幼稚園が開園 定員120名 4学級
1971年(昭和47) 4月 設置者 学校法人 江別若葉学園が認可
元江別わかば幼稚園の設置者が個人立から学校法人へ移行
1983年(昭和58) 4月 定員150名 5クラスが認可
1990年(平成2) 4月 江別市より放課後児童会を引き継ぎ開設
1992年(平成4) 11月 定員180名5クラスが認可
1998年(平成10) 10月 定員210名7クラスが認可
1999年(平成11) 4月 預かり保育を開始
2000年(平成12) 5月
9月
週二回の給食を開始
体験入園の開始
2005年(平成17) 5月 未就園児教室(二歳児)“うさぎ組”を開設
2008年(平成20) 4月 未就園児の活動場所として、多目的ホールを建築

このページのTOPへ戻る